コミッショニングレターVol.16 No.11(11月号)

2019/11/01掲載

2019年度CxTE講習会案内

当協会は機能性能試験や運転の最適化などの検証業務を、CxPE(コミッショニング専門技術者)と協力して円滑に実施するCxTE (Commissioning Technical Engineer性能検証専門技術者)の育成を進めています。

CxTEに求められるのは次のような資質と技能です。

1) 性能検証チームの一員としてCA 並びに(CxPE)の指示に従い、コミッショニング業務を遂行できる技術を有する。

2) 計測技術と分析能力に優れ、試運転調整や自動制御の専門的知識を持ち、現場における検証業務を的確に実行できる。

3) データ処理ツールやシミュレーションの活用に優れ、故障検知・診断の専門的知見を持ち、システムの最適化および最適チューニングが実施できる。

4) データ分析の技術と設備システムの知識を幅広く有する。

 

2012年から開催している講習会を本年度は仙台、名古屋、岡山で開催します。講義内容のご確認、並びにお申し込みは下記の協会ホームページよりお願いいたします。

http://www.bsca.or.jp/

 

(1)仙台 講習会

日 時:20191115日(金)

場 所:TKPガーデンシティ仙台(宮城県仙台市青葉区中央区1-3-1

(2)名古屋 講習会

日 時:2019126日(金)

場 所:中部大学 名古屋キャンパス610講義室 (名古屋市中区千代田5-14-22

(3)岡山 講習会

日 付:2020122日(水)

場 所:NPD貸会議室 岡山駅前 地下1階フロアA(岡山市北区下石井1丁目1-3

 

講習は主として2)の資質に長けたCxTE -Aと、3)の資質に長けたCxTE-B2つに分かれており、両方もしくは片方のいずれでも受講可能です。

なお、受講修了された方々は、協会に登録して頂くことができ、登録者数は201812月時点で68名です(ただし、登録にはBSCAの会員になって頂く必要があります)。

登録内容は当協会のホームページ(http://www.bsca.or.jp/cxte/)に掲載しており、Cxの業務実施に必要となる人的リソース情報として広く社会に公開しています。

第15回建築設備シンポジウムのご案内

日本建築学会主催の第15回建築設備シンポジウムが開催されます。当協会も後援しておりますので、ぜひご参加ください。

 

今年のテーマは『環境建築が広げるこれからの価値創造 とComputational Design」』です。

 

技術とビジョンにとって、今後、大きな影響を及ぼすことが期待されるComputationalDesign と価値創出を切り口に、これからの環境建築について広く議論します。

1部では、最近の環境建築に関する先端的な事例を通して、設計手法と環境建築の社会発信性について設計者からご講演頂きます。

2 部では、環境建築の評価、設計の基礎ともなる最新の研究について研究者からご講演頂き、総合討論では、環境建築がひらく価値創出に向けた設計・研究の両面からの幅広い議論を通じて、これからの環境建築のあり方について理解を深める予定です。

 

◇ご案内

主 催: 日本建築学会 環境工学委員会   建築設備運営委員会

日 時: 2019 11 29 日(金) 10:0017:10

場 所: 建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20

 

申込みは以下の建築学会ホームページよりおこなってください。

https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=624844

プログラムは、下記URLをご参照ください。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2019/20191129.pdf

動画配信(有料)申込は下記をご参照ください。

https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=624878

全国地中熱フォーラム2019のご案内

地中熱利用促進協会では「全国地中熱フォーラム2019 持続的社会と地中熱最新動向」を1111日(月)に品川区立総合区民会館「きゅりあん」にて開催いたします。また1112日(火)には現地見学会を開催いたします。

建築設備コミッショニング協会では本フォーラムを後援しております。皆様、奮ってご参加くださいますようお願いいたします。なお、開催概要は下記の通りです。

 

開催日: 20191111日(月) セッション、展示会、意見交換会ほか

         1112日(火) 現地見学会

会場: きゅりあん(品川区立総合区民会館)

主催: 特定非営利活動法人 地中熱利用促進協会

後援: 経済産業省、環境省、国土交通省、東京都環境局(申請中)、(特非)気候ネットワーク、(公社)空気調和・衛生工学会、(一社)建築設備技術者協会、(特非)建築設備コミッショニング協会、(国研)産業技術総合研究所、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(一社)全国さく井協会、(一社)日本建築士事務所協会連合会、(公社)日本建築士会連合会、(一社)日本設備設計事務所協会連合会、日本地熱学会、(一財)ヒートポンプ・蓄熱センター

協賛: (特非)あきた地球熱利用事業ネットワーク、(一社)有明未利用熱利用促進研究会、鹿児島県地中熱利用促進協議会、関西地中熱利用研究会、(特非)北関東地中熱利用研究会、岐阜県地中熱利用研究会、埼玉県地中熱利用促進協議会、中部地中熱利用促進協議会、東北ZEB再エネ熱促進協議会、富山県地中熱利用研究会、長野県地中熱利用促進協議会、新潟県地中熱利用研究会、福井県地中熱利用研究会、山梨県地中熱利用推進協議会

 

プログラム概要

1111日(月)

8階 大ホール

10:00~10:15 開会

10:15~12:00 セッション1「SDGsと地中熱」

12:10~12:40 ミニコンサート

13:30~15:00 セッション2「技術の最新動向」

15:30~16:45 セッション3「自治体の政策と公共施設への導入」

  7階イベントホールA,B

   12:00~17:00 地中熱特産品コーナー、普及講演 他

   18:00~20:00 意見交換会

  7階イベントホールC,D,E

   12:00~18:00 企業・団体展示及び企画展示

1112日(火)

  現地見学会

   ・東京スカイツリーの地中熱利用設備(東京都墨田区)

   ・鈴廣本社、工場などの地中熱利用設備、ZEB(神奈川県小田原市)

   ・一番町笹田ビル(東京都千代田区)

 お申込みやプログラムの詳細確認は、下記の地中熱利用促進協会ホームページにてお願いします。

http://www.geohpaj.org/

国際シンポジウムin京都開催報告

国際シンポジウム「ZEB時代の建築環境性能達成プロセスとは 〜 コミッショニングを軸として 〜」を下記の通り開催いたしました。    

本シンポジウムでは、実際にコミッショニングを実施している専門家を海外・国内から招き、高い性能が要求される建築物について、どのようにその性能を達成したか(どのように発注者の要求を具体化し、コミッショニング計画を立案して、機能性能試験を実施したか)を解説していただき、要求された性能を確実に達成するための建築環境設計・施工プロセスの在り方について議論を行いました。

各セッション後に行われるディスカッションでは、海外におけるCx事例について活発な意見交換が行われました。Cxを実施する際に生産性や快適性のバランスをどう両立するか、Cxの必要性についてオーナーにどのような説明をおこなっているか、エンジニアの人材育成についてなど、各国のCx事例や歴史にまで踏み込んだ活発な議論がなされました。(右上写真:会場の様子)

また、シンポジウム後は、隣接会場にて講師陣を交えた技術交流会が、65名のご参加者の元、盛大に開催されました。(左下写真:技術交流会の様子、右下写真:講師集合写真)

 

日 時 2019930日(月)110018:10

場 所 京都大学 百周年時計台記念館 国際交流第一・第二ホール

(京都市左京区吉田本町)

◆ 参加者数 99

◆ 講師 ※敬称略

(米国)Stephen TurnerJay SantosFiona Aldous (カナダ)Toby K.W. Lau

  (中国)Shengwei WangQingpeng Wei (日本)赤司 泰義、松下 直幹、宮田 征門

※シンポジウムの詳細については、開催報告に掲載されていますので、是非ご覧ください。

   http://www.bsca.or.jp/event/?p=1167

活動実績 活動予定 他

◆協会活動実績 (2019/10)

2019年度 第3回 企画・運営委員会  1010日(木)

 

◆協会活動予定 (2019/112019/12)

 2019年度 CxTE仙台講習会   1115日(金)

 2019年度 CxTE名古屋講習会  126日(金)

2019年度 第4回 企画・運営委員会  1213日(金)

 

◆編集長より

201910月号よりCxレターはWEB版のみの発行となりました。今まで発行していたPDF版に比べ紙面構成に対する制約や、張り付けられる画像枚数に制約はありますが、BSCAホームページよりクリック一つ(BSCAホームページ→会員→会員ニュース)で閲覧できるようになり、スマホからでも気軽に見ることが可能になりました。CxレターにはCxに関する最新の話題や記事を掲載する予定ですので、通勤電車などの移動時間にでもご気軽にCxレターを閲覧して頂ければと思います。

 

◆編集委員より

9月の台風15号、10月の台風19号など、連続して超大型の台風が日本を襲いました。全国で水害や土砂崩れ、停電などの被害が多発しており、被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。私が学生時代にお世話になった信州のりんご農家でも収穫前の「ふじ」が多く落果したと伺いました。地球温暖化の影響がすべてとは言い切れないと思いますが、このような環境の悪化をコミッショニングによる省エネ・環境負荷低減で、間接的にでも多少食い止めることができればと思う今日この頃です。

 

◆企画制作

 編集長:大石(BSCA企画運営委員)

編集委員:天野(BSCA企画運営委員)

 WEB版作成:小澤(BSCA事務局)

 

※本誌に掲載した著作物の著作権は、特定非営利活動法人建築設備コミッショニング協会が所有します。許可無く複写転用することをお断りいたします。

お問合せメール:bsca@bsca.or.jp(@半角に)

一覧へ 次の記事へ
PAGETOP