性能検証技術者(CxPE)

1) CxPE(Commissioning Professional Engineer)技術者の概要

建築設備のコミッショニング過程の実効性を高めるためには、コミッショニングをマネジメントする技術者が必要です。 この技術者には、次の素養が求められます。

  • コミッショニング過程を理解し、コミッショニングをマネージする技術を有する。
  • 建設プロセスを理解しており、設計者・施工者等の関係者とのコミュニケーションができる。
  • コミッショニング対象範囲で発生した問題点について、 自身の専門領域から適切な助言ができる。
  • 公正な視点で判断できる倫理観を有する。

このような人材を“性能検証技術者 (CxPE) ”と位置付けています。 CxPEは、自身の技術分野と業務対象とする検証範囲を資格に明示しています。 例えば、設計フェーズにおける空調設備技術の素養を持つ人は、CxPE [HVAC/Design] と表記されます。

2) 研修・資格試験

2日間の研修会の全ての課目を受講した後、修了試験を受験することができます。
研修会の受講および修了試験の受験にあたっては、次の表に示す要件が必要となります。

研修会受講および修了試験受験の要件(2016年8月更新)

要件 内容
研修会受講
および
修了試験受験
学歴 4年制大学の理工学系学部卒業以上の者(又は、同等以上の学力を有する者)但し、工業高校及び専門学校卒又は、理工学系外の大学卒の者でも、実務経験20年以上の者は、同等以上の学力を有するものとみなす。
実務経験*1

専門領域の性能検証対象設備の

  • 計画または設計
  • 施工または工事監理
  • 試験・検査・制御または運転実績解析
の何れかの業務を合わせて10年以上の実務経験を有する者

*1 実務経験年数は、大学および大学院卒業後の実務に携わった年数とする。
  大学および大学院の教員や研究員としての研究活動は、実務経験年数に含む。

修了試験合格者には、CxPE修了試験合格通知証を発行します。
なお、CxPEの資格は修了試験の合格のみでは無効で、次に示す資格登録が必要です。

3) 資格登録

修了試験に合格し登録を希望する方は、次の表に示す要件を満たすことを条件に協会の審査を経て資格登録されます。

登録要件(2016年8月更新)

要件 内容
登録 会員資格 当協会の正会員(個人の会員)である者
修了試験 修了試験に合格している者
資格・学位

以下の資格・学位のうち2以上を有する者*2,3

  • 設備設計一級建築士
  • 建築設備士
  • 技術士
  • エネルギー管理士
  • 1級施工管理技士
  • 一級建築士
  • 電気主任技術者
  • 学位(博士)
  • 1級計装士

但し、BSCAに登録しているCxTEのうち、3件以上のCxプロジェクトに主体的に参画したものは当協会の審査*4により資格・学位の1つと認定する。

*2 エネルギー管理士、技術士、1級施工管理技士、学位(博士)は、分野区分があるが、複数区分の資格を有している場合でも1つの資格とする。
(1級管工事施工管理技士と1級電気工事施工管理技士を両方有していても、資格としては1つと数える。)
*3 エネルギー管理士、技術士、1級施工管理技士、学位(博士)は専門分野を問わない。
*4 主体的に参画したかの判定はCxPE資格研修小委員会が適合判定を行う。

CxPE資格登録者は、協会ホームページに、氏名、所属、技術分野を掲載することで登録とします。
また、希望する方は、専門資格、業務経歴、Cx経歴を掲載することができます。

4) 資格者リスト

CxPE資格者リストを見る

CxPE資格者リストは毎年6月頃に更新します。
申し込みは、イベントページを見てください。

PAGETOP