• トップ
  • イベント
  • 2018年 Cx事例紹介シンポジウム in 関西~オーナーが語るCxの有用性と課題~ 

2018年 Cx事例紹介シンポジウム in 関西~オーナーが語るCxの有用性と課題~ 

2017/12/06 掲載

 

BSCAでは、毎年BSCAが発刊した「建築設備コミッショニングマニュアル」に準拠したプロセスで、コミッショニング(以下、Cx)業務として発注されたプロジェクトの実施事例を紹介するシンポジウムを行っています。これまでは、Cxプロセスの進め方や実際の検証業務における技術的な内容がほとんどでしたが、今年は趣向を変え、実際にCxを発注されたオーナーの方に、ご自身の経験に基づいたCxの有用性や課題などを語っていただきます。発表は、複合商業施設(京都駅ビル)、工場(ソニー)、官公庁(長崎県)、研究施設(沖縄科学技術大学院大学)の4件とそれぞれ建物用途が異なる事例を準備しております。

事例発表後は、ご発表頂く建物オーナーの皆様をパネリストに迎え、会場の様々な立場の方々を交えたCxに関する活発なディスカッションを通じて、ビジネスとしてのCxに求められることを明確にし、参加者の皆さんと共有したいと思います。

*建築CPD制度認定対象プログラム
*大阪大学中之島センターへのアクセス

イベント概要

開催日程 2018年3月9日(金) 13:30~16:50(受付13:00~)
開催場所 大阪大学中之島センター・佐治敬三メモリアルホール
(〒530-0005 大阪市北区中之島4丁目3-53)
定員 100名(先着順)
参加費(会員) 正会員・賛助会員 4000円
参加費(一般) 非会員6000円、学生:1000円* 学生は、会員、非会員にかかわらず一律
申し込み締切り 2018年3月2日(金)
主催 建築設備コミッショニング協会
協賛 (公社)空気調和・衛生工学会、(一社)日本建築学会(予定)、 (一社)建築設備技術者協会、 (一社)建築設備綜合協会、 (一財)ヒートポンプ・蓄熱センター 、(一社)日本ビルヂング協会連合会 (予定)、(一社)ESCO・エネルギーマネジメント推進協議会 、(一社)関西ESCO協会、 建築エネルギー懇話会
13:00~13:25  受付
                    司会 アレフネット・ 松下直幹
13:30~13:35 主旨説明 吉田治典(京都大学名誉教授,当協会理事長)
13:35~13:50 CxのISO規格化の状況   宮田征門(国土技術政策総合研究所)
13:50~14:15 事例-1 「京都駅ビル 熱源・空調改修工事コミッショニングプロジェクト」
Cxの概要(5分)        吉田治典(京都大学名誉教授, CxPE)
Cxの有用性と課題(20分)   髙浦敬之(京都駅ビル開発)
14:15~14:40 事例-2 「ソニーセミコンダクタ 熱源改修Cxプロジェクト」
Cxの概要(5分)         桑原康浩(エム・ティー・ディー, CxPE)
Cxの有用性と課題(20分)    井上 哲(ソニーコーポレートサービス)
14:40~14:55 休憩
14:55~15:20 事例-3 「長崎県庁舎 新築工事新築コミッショニングプロジェクト」
Cxの概要(5分)  住吉大輔(九州大学)
Cxの有用性と課題(20分)  高屋 誠(長崎県)
15:20~15:45 事例-4 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 既存コミッショニングプロジェクト>
Cxの概要(5分)        松下直幹(前出,CxPE)
Cxの有用性と課題(20分)   當間佳代子(沖縄科学技術大学院大学)
15:45~15:55 休憩・パネルディスカッション準備
15:55~16:45 パネルディスカッション コーディネータ 吉田治典 (前出)
 パネリスト: 髙浦敬之、井上哲、高屋誠、當間佳代子(いずれも前出)
16:45~16:50 全体のまとめ
17:15~ 技術交流会
大阪大学中之島センター9F交流サロン(リーガロイヤル直営)
会費: 5,000円程度
PAGETOP