CxTE登録技術者詳細

一覧へ戻る

登録番号 BSCA-0028TE-AB
氏名 藤村昌弘
フリガナ フジムラマサヒロ
生年 1980
所属 株式会社アレフネット
申請区分 CxTE_A CxTE_B
専門業種 空調、計装
職種 設計、施工
所有資格
Cxに類する業務に従事した
主な施設
事務所、商業建築、学校、大学・研究所、病院、ホテル・旅館
学歴 学士

◎:得意 ○:可能 空欄:不得意
資質項目 資質 レベル
計測技術 1) ロガーやセンサーを使って一時的な現地計測ができる。
2) 計測機器、測定方法が提案でき、測定予算の見積ができる。
3) 計測機器の現地設置の指導ができる。
4) 要求精度にあった機器選定、校正ができる。
分析能力 1) 計測結果から分析ができる。
2) システムとしての制御特性の把握、制御パラメータが理解できる。
3) 機器・システムの性能・能力の妥当性を判断できる。
4) システム全体の整合性および、サブシステムの健全性を判断できる。
5) BEMS・実測データから運転が正常か不具合かを判断できる。
6) 計測データの意味を理解し、可視化(グラフ化)することができる。
7) 空気調和衛生工学会「設備システムに関するエネルギー性能計測マニュアル」(SHASE-M0007-2005)程度の分析ができる。
8) 空気調和衛生工学会「建築設備の性能検証過程指針」(SHASE-G0006-2004)を理解している。
データ処理能力 1) BEMS・制御機器・ロガー装置などからデータの取出しができる。
2) データの単位などの間違い、値の妥当性を判断できる。
3) エクセルでデータ処理やグラフ化ができる。

◎:得意 ○:可能 空欄:不得意
資質項目 資質 レベル
ツールの習熟度 1) ある課題に対してどのようなツールを用いるべきか判断できる。
2) データ整理・分析のための使いこなせるツールがある。
3) エクセルマクロが使える。
4) 熱負荷計算プログラムが使える。
5) システムシミュレーションを行う際、どの部分をモデル化すべきか判断できる。
6) システムシミュレーションのアルゴリズムがある程度理解できる。
7) 汎用のシミュレーションツール(LCEMなど)を使い、シミュレーションができる。
8) 必要に応じてツールをカスタマイズできる。
9) システムシミュレーションモデルを作成できる。
10) C、FORTRAN、VisualBASICレベルの数値計算言語が扱える。
分析能力 1) 機器・システムの性能・能力の妥当性を判断できる。
2) 制御特性と制御パラメータを理解できる。
3) 計測データの意味を理解し、時系列グラフ、散布図、頻度分布などが描ける。
4) 統計的なデータ分析ができる。
5) BEMS・実測データから正常運転か不具合が発生しているかを判断できる。
6) 実測データとシミュレーション結果を比較・分析できる。
7) 空気調和衛生工学会「設備システムに関するエネルギー性能計測マニュアル」(SHASE-M0007-2005)程度の分析ができる。
8) 空気調和衛生工学会「建築設備の性能検証過程指針」(SHASE-G0006-2004)を理解している。
データ処理能力 1) ツールを使って大量のデータを迅速に整理できる。
2) エクセル、その他ツールを使って必要なグラフを迅速に描くことができる。
3) 種々のデータファイルやデータ形式の変換ができる。
4) BEMS・制御機器・ロガー装置などからデータの取出しができる。
5) BEMSの計測データの妥当性を判断できる。

建物種別 大学
対象設備 空調用熱源設備
実施内容説明 セントラル方式のガス吸収式熱源に対して、
レトロコミッショニングを実施。

熱源の性能曲線図、ポンプの特性図、冷却塔の性能特性図および
各種運転データから、非効率的な運転になっていることを確認し、
改善するための制御改善・制御パラメータの調整を行った。
また、コミッショニング範囲は、制御プログラムの見直しだけでなく、
センサの追加や温度校正など、制御に用いるためのセンサに対しても実施した。


建物種別 事務所ビル
対象設備 個別分散空調設備
実施内容説明 個別分散空調システムであるEHPに対して、現状の運転状況を分析し、
実測の性能曲線図を描き、運転効率や能力を検証した。
また、適切な運転が行われているかを確認するため、
制御出力や室内温度推移を検証。

それら検証結果を基に、EHP本体の自動制御に対して、
外部から制御するシステムを構築し、効率向上に繋がる運転制御を導入。
導入制御の効果を確認した。

また、外部制御としては、運転効率向上制御だけでなく、
室内環境にも配慮したデマンド制御を導入。
その制御効果と室内環境への影響を確認した。


建物種別 商業施設
対象設備 空調用熱源設備
実施内容説明 セントラル方式のターボ冷凍機に対して、レトロコミッショニングを実施。
ガス吸収式熱源からターボ冷凍機に更新するにあたり、
熱源更新前の運転状況から、非効率な運転状態であることの確認、
および、熱源更新による省エネルギー効果の試算を実施。

更新後も、試算通りの効果が出ているか毎月の運転レポートにて
継続して確認を行った。

PAGETOP